RWS0001

Wal(ヴァル)テント

Previous
Next

デザインしかないテントとは一線を画す

デザインが良くても、使い勝手や機能、価格の満足感が高くなければ良いテントとは言えません。我々の考えは、『デザインはもちろん、使っていただけるお客様がどう使うか。を徹底的に想像し、それを解決に導くことを突き詰める。です。そして間違いなく納得していただけるテントが出来上がりました。

キャンプの楽しさは細部が作ると知っているから

ここにフックがあったら!ここはもっと広かったら!など、人それぞれ思うことは沢山あり、それを満たしたとき、もっとキャンプが快適に楽しめることは知っています。『神は細部に宿る』を常に意識してこのテントは作りあげました。そんなこだわりのテントですが具体的に20個の拘りポイントがあります。

 

 

豊富なポケット

インナー内には【小1穴ポケット×2(左右)、8穴ポケット×2(左右)、出入り口には【中2穴ポケット×2(左右)が標準でついております。これだけポケットがあれば、インナー内で荷物がどこに収納したかわからなくなることもありません。特に連泊などでは重宝すること間違い無しです。また、出入り口のポケットにはヘッドライトなどを収納しておくと、夜中トイレに行く際などヘッドライトを眠い中探す必要もなくなります。

Previous
Next

 

 

インナーテント出入り口の背の高さ

インナーテントの出入り口の背が高いことにより、ストレスなくインナーへの出入りが可能となりました。身長173cmの男性でもかがむことなく出入りができます。

Previous
Next

 

 

前室の広さ

前室だけで3mの広さがあるので広々快適に過ごしていただくことができます。また、子供から目を離すことが無くなり、景色も存分に楽しめる。

キャノピーポール(別売)を使用しキャノピーを立ち上げると中央部分の幅は約6m近くに。

Previous
Next

 

 

デイジーチェーン標準装備

両サイドにRATELWORKSのロゴが入ったカラビナ付きデイジーチェーンが最初からついています。

Previous
Next

 

 

鋳造ペグ標準装備

我々のテントには、標準装備で鋳造ペグが入っています。長さも25cmありますので、安心してテントを立てていただけます。

 

 

リフレクトガイロープ標準装備

夜間光を当てると光るリフレクトガイロープが標準装備。ガイロープに引っかかってつまずいたりすることから回避できます。また、テントのカラーとも相性の良いガイロープでコーディネイトもGOODです。

Previous
Next

 

 

インナーはTC素材採用で通気性抜群

インナーにあえてTC素材を採用した理由としては、コットンの吸湿性から結露が少ない。(結露しないわけではなく発生した水滴をテントの生地が吸い取ってくれる)ので幕の乾燥は必須ですが通気性をアップさせるためです。また、落ち着いた空間を作るという意味でもインナーにTC素材を使いました。

Previous
Next

 

 

大きな窓が死角を無くす

視界良好なので子供から目を離してしまうことが無く、大人も景色や料理でくつろぎながら子供を見守り、存分にキャンプを楽しむことができます。また、フルメッシュにしていると虫の侵入も防げますし、非常に風通しも良いです。スクリーンタープ的な役割も果たしてくれます。

Previous
Next

 

 

インナー窓が前後左右に有

フライと連動してインナーの窓が前後左右にある為、テント内に居ても外と同等レベルの風を感じることができます。

Previous
Next

 

 

シェルターとしても使える

インナーをつけずにシェルターとして使用することも可能です。

Previous
Next

 

 

電源コードジッパー付き

外部からテント内に電源コードを取り込めるジッパー付きの電源コード取り組み口。

 

 

フライはテフロン撥水加工

屋根としてインナーテントを守るフライシートは、自然の中で起こる気象の変化にさらされます。日本は三寒四温と昔から言われ、降雨に対して高いレベルで防水機能、撥水機能を備え対処するスペックが必要です。Wal(ヴァル)の耐水圧は2,000mmを保証しています。さらに紫外線を受けるフライシートはUVカット加工も施し、生地や人体への影響を軽減しています。

Previous
Next

 

 

収納バッグにバックル付き

収納袋のテントを収納したあと、コンプレッションして更に小さく纏めることができます。荷物が多いキャンプなので非常に便利な機能です。

Previous
Next

 

 

換気口

外気を取り入れ、テント内の空気を外へ排出します。テント内の温度調整や、結露防止の役目があり、テント内を快適に保ってくれます。

 

 

フライの質感

フライはマットベージュで上質な印象。ウッドのファニチャーやアイアン等を使用したブラック系のアイテム、美しいステンレス製の製品など様々なギアに馴染む質感です。

Previous
Next

 

 

グランドシートが標準装備

インナーのボトムと同素材の生地のグランドシートが標準装備です。テントの底を保護したり、地面からの湿度や湿気を遮断する効果があります。

 

 

ビルディングテープで設営負担減

初心者の方にも安心。テントをきれいに張る為にビルディングテープを用意致しました。テントのフライに必要以上の負荷をかけることを防止する役目もあります。

 

 

スカートは巻き上げ可能

スカートが巻き上げできるため、キャンプをオールシーズン楽しんでいただけます。

Previous
Next

 

 

高品質ハンマー標準装備

プラスチックのハンマーや叩きにくいハンマーはつけません。高品質ハンマーも標準装備です。

Previous
Next

 

 

小物収納ケース標準装備

ペグ、ハンマー、ガイロープ、自在金具小物を入れる収納ケースが最初からついています。

Previous
Next

 

 

サイズ

デッドスペースが少ないのが特徴。インナーの出入りもしやすく、リビングでも窮屈感を感じない構造。

 

 

保証につきまして

RATELWORKSは自社製品の品質に責任を持つのは当然であると考えています。
ですので製品に保証書等は入っておりません。

 

万が一、製造上の欠陥が原因の場合は、無料で修理または交換させていただきます。

RATELWORKS アフターサービスは、廃番になった製品も、
可能な限り修理対応させていただきます。

※素材の経年劣化やご使用による激しい損傷など製品寿命である場合、修理不可能な場合もございますので予めご了承ください。

 

 

修理は可能か? 費用はいくらか? など、
製品の状態を確認した後に算出させていただきます。

 

お手数ですがまずは下記メールアドレスにご連絡くださいませ。

info@ratelworks.jp

 

修理の流れ

①info@ratelworks.jpに修理箇所の写真と ご状況を含めご連絡ください。

 その際に品番、品名、破損箇所、パーツ名称等詳細事項もご明記いただきますよう

 お願い申し上げます。  

 ②製品の汚れを落とし、剥がれにくいマスキングテープなどで修理箇所に印をつけて、

 弊社指定住所にお送りください。メールにてご連絡致します。  

 ③弊社にて製品の状態を確認し、お見積もりいたします。 

 修理内容の回答を改めてさせていただきます。  

 ④お客様のご了承いただいた後、修理を開始致します。

 ⑤修理完了後、お客様に修理品をお戻し致します。

 

 

返品につきまして

未使用に限りご購入後1週間以内であれば返品対応可能です。
ご使用後は返品不可、交換、修理にて対応とさせていただきます。

 

buy

spec

品名 WAL(ヴァル)TENT
品番 RWS0001
価格 69800円(税込)
材質 フライシート:150Dポリエステルオックスフォード(PUコーティング、耐水圧2000mm、テフロン撥水加工、UVカット加工)
インナー:ポリエステル65%、コットン35%(撥水加工)
インナー(ボトム):300Dポリエステルオックスフォード(PUコーティング、耐水圧2000mm、撥水加工)
メインポール:A6061 Φ30mm
エクステンションポール:A6061 Φ20mm フロント×2 サイド×2
アーチポール:A7075 Φ13mm
サイズ
対応人数 4人

about

  • よくある質問

    ・薪ストーブの穴は空いていますか?
    →ユーザーによって、設置したい位置が異なることもあり、空けておりません。

    ・設営はどのくらいでできますか?
    →慣れると15~20分程度です。初回は少し時間がかかってしまうかもしれませんが30分あれば設営は可能だと思います。

    ・重量は?
    →重さは約21kgです。

    ・キャノピーポールは付属していますか?
    →キャノピーポールは付属していません。ご注意ください。

    ・耐風性はどうなんですか?
    →風速基準7等級程度(風速13.9~17.1m/s)なら問題ございませんが、その環境下での使用はおすすめしません。

use

  1. 1

    フライシートを広げペグダウンします。

    1.フライシートを広げ、サイドのビルディングテープについてい  るループ2カ所をペグで固定します。 2.テントバック(後方外側)についているループ2カ所をペグで  固定します。 3.フロントのビルディングテープについているループ2カ所を  ペグで固定します。

  2. 2

    アーチポールを挿入します。

    アーチポール①を挿入します。 ※ただし、グロメットにはまだ通さないようにしてください。

  3. 3

    センターポール立ち上げ後グロメット挿入します。

    センターポール②立ち上げ後にアーチポールをグロメットに差し 込んでください。 ※センターポール立ち上げ前にアーチポールの先端をグロメット  に差し込んでしまうと、フライに負荷がかかり破損の原因と  なりますので手順は必ずお守りください。

  4. 4

    サイドポールをグロメットに挿入しペグダウン。

    サイドポール④を上下のグロメットに差し込み、ガイロープでペグ で固定します。 ※サイドに張るガイロープはテントに対して垂直方向1本のみを  ペグで固定してください。

  5. 5

    フロントポールをグロメットに挿入しペグダウン。

    1.フロントポール③を上下グロメットに差し込み、2本のガイロー  プをペグで固定します。 2.サイドポールの残っている1本のガイロープを斜め後方にペグ  で固定します。

  6. 6

    インナーテントを吊り下げます。

    インナーテントを吊り下げます。 1.インナーのフロント上部とバック上部にリングがあるのでフック  をかけます。 2.インナーバック下部から順にフロント方向に向かいフックをかけ  ていきます。

  7. 7

    ペグを差し込んで完成

    インナーの入り口中央下部にインナーを固定するためのループが ついているのでそれにペグを打ち込めばインナー完成です。

  8. 8

    張り綱のコツ

    ヴァルテントを綺麗に張っていただくには張り綱を張る手順と角度が重要です。①サイドのガイロープをほぼ垂直で固定。②フロントのガイロープを正面からみて垂直と斜め45度に固定。③サイドのもう一つのガイロープをテントに沿わすような形で固定。この手順で組み立てると綺麗に張れます。また、ビルディングテープを軽く引っ張る(引っ張りすぎない)もポイントです。